車の知識と情報を公開中で素敵なカーライフを応援します!

車検は必ず必要な手続きです。車検の種類を把握し、コストに合った車検を実施しよう。

車検の種類

車検の意味を解読する

ご存知のように、自動車の購入後は定期的なメンテナンスと点検を行う必要があります。車検とは、正式なナンバープレートと運転免許証を取得した各車両が、タイムリーに車両の安全上の問題を排除し、交通事故の発生を減らす為に、車両のメンテナンスを促すために必要なテストです。

車検の種類

日本では、自動車の検査には自動車の法定費用の支払い(自賠責保険、自動車重量税、印紙税)などが含まれます。正式の車検の前に、車の所有者は車両のインジケータが法的要件を満たしているかどうかを確認するために事前点検する必要があります。そうでなければ、車両は車検に合格せず、新しい車検証明書を受け取らないでしょう。




日本の法律によれば、普通車に対する新車の最初の車検は、車の登録から3年後に行われ、その後2年ごとに新しい車検と登録が行われます。タクシーや大型のバンやバスなどの特殊車両は毎年点検する必要があります。実は、工場を出る時にはすべての車が車工場から発行された「完全検査終了証明書」と呼ばれる証明書を持っており、この証明書の有効期限が切れると検査のために牽引されます。
(検査料、取扱手数料、自賠責保険、自動車重量税、交換部品)を含む年間検査料は、およそ通常8万円から18万円です。

自動車所有者は、全国の定期検査現場で年1回の車両検査を実施できます。また、「自動検査独立行政法人」では、ピークや時間帯など、各検査サイトの具体的な情報を開示しております。所有者は、状況に応じて検出フィールドを選択する事ができ、それは検査されるべき車両の過剰数によって引き起こされる長期の待ち行列状況を効果的に回避する事が出来ます。

自動検査独立行政法人ウェブサイト



点検・整備への理解

点検・整備は車検の重要事項です。なぜなら、自分の車を何処に持って行けば、最終車検を行っているとしても、自分の車がすでに「点検・整備」をしたことを証明する資料を提供しなければなりません。

1995年6月以前に、日本の自動車所有者は公式の年次検査の前に100以上の検査を実施しなければなりませんでしたが、現在では、検査プロジェクトは56に減らされました。その中には、「ハンドル装置の検査」「ブレーキ装置検査」「バッファ装置検査」「動力伝動システム検査」「電気装置検査」「エンジン検査」「排気ガス排出検査」などが含まれています。
点検・整備は、一年に一度、二年に一度も可能となります。近年、法令を用いた検査・整備の推進に加えて、様々な活動を通じて検査・整備の重要性が増しており、点検・整備の重要性を宣伝することで、日常的な点検を行うことを呼びかけております。つまり、出かける前に車両を簡単にチェックする事、これは実際に運転手にとって絶対に必要な事です。

「点検・整備」の政策のもとに、日本におけるいくつかの車検向けの自動車検査と車両検査工場の開業をもたらしました。これらの検査工場はすべて民間企業であるが、政府が認定する検修資格を備えなければなりません。現在の検査工場は主に2種類があり、一つは専門的な「整備・点検」を行うことができますが、正式な車検はできない「認証工場」です。もう一つは「指定工場」と呼ばれ、点検・整備を行い、本格的な車検を行うこともできます。トヨタ、日産、ホンダなどの自動車ディーラーは通常、独自の指定工場を持っています。



車検の種類

時代の発展とともに、車両検査ができる場所は徐々に増えています。種類としては主に新規車検、継続車検、構造等変更車検との三つの車検方法です。普段、私たちが受けている車検は継続車検と呼ばれるものです。

それでは、具体的な車検種類の内容を紹介させていただきます。

1.新規車検

新規車検とは 新車や中古車を使用しようとする時に、運輸支局または自動車検査登録事務所で新規登録の申請をする事を、合格できるように受ける検査とのことです。
また、車の種類が違いなら、普段の車検場も違います。新しい購入してた車の新規検査はほとんどディーラーで行い、中古車の新規検査は自分好きな場所やこの中古車を購入する場所、または以前連携してた車屋さんなどのところで実施する形です。

新規車検を実施してから、運輸支局または自動車検査登録事務所で車の新規登録の手続きを行います。ナンバープレートがついていない車を道路で走らせる事が出来るように、事前に新規登録をする事が、必要となります。普通乗用車は、有効期限の3年の自動車検査証を発行することができます。4ナンバーなどの貨車の有効期間は2年です。

2.継続車検

継続車検は通常の車検と呼ばれます。車検証の有効期間が満了した後、引き続き愛車をご利用する場合は「継続車検」を受ける必要があります。
継続車検を受ける際にして、必要としての書類の大体は下記の通りです。
【1】自動車検査証(車検証)
【2】使用者の印鑑
【3】軽自動車税納税証明書
【4】継続検査申請書(軽専用第2号様式または軽第3号様式)
【5】自動車重量税納付書
【6】軽自動車検査票
【7】自動車損害賠償責任保険証明書または自動車損害賠償責任共済証明書
【8】点検整備記録簿
【9】保安基準適合証

その他必要に応じて用意するものは車検受ける現場によって違う為、リクエスト時に準備しても構いません。
最初は3年に1回の車検を行い、その後は2年ごとに行われます。

3.構造等変更車検

構造変更の通りに、車の長さ、幅、高さ、乗車定員、最大積載量、車体の形状、エンジンなどの構造を大きく変えた時に行う検査です。所謂、改造車の車検です。その時、車の所有者は使用の本拠の位置を管轄する運輸支局又は自動車検査登録事務所に自動車を提示して車の変更検査を行わなければならないです。
改造車なら、車の前の形とは違い、その時、車の保安基準に適合するかどうかが分からなくなってしまって、車を公道に走らせる安全性が低い(改造方法が不適合なら随時爆発しやすい)と思われます。その為、車の長さや高さなどの箇所を変更する際に、構造等変更検査を受ける必要が生じます。その為に、新規検査や継続検査とは異なり、車検切れるかどうかを問わず、たとえ軽微な改造があっても、検査を受けなければなりません。そして、構造等変更検査を受けた場合は次回の車検満了日は構造等変更検査を受けた日から数える2年後という事になります。

構造等変更車検に必要な書類は以下の通りですが、検査場所によって以下のもの以外の書類を提出する場合もあります。その時に管轄の当協会事務所・支所にお問い合わせする形になるます。ご注意ください。

【1】車所有者の印鑑
【2】自動車検査証(車検証)
【3】点検整備記録簿
【4】自動車損害賠償責任保険証明書または自動車損害賠償責任共済証明書
【5】申請審査書(手数料納付書)
【6】自動車重量税納付書
【7】自動車検査証記入申請書(OCRシート第2号様式)
【8】軽自動車検査票
【9】軽自動車税申告書(納税証明書)

車を勝手に変更させるなら、走行中の危険性が高いので、構造等変更車検の実施は普通の車検より非常に厳しくなります。保安基準を満たす必要な書類や専門知識が必要なので、個人ができる場合もありますが、なるべく専門家に依頼する方が速いと思われます。



車検を受けられる場所の種類

車検を受けるなら、なるべく正式な所で受けたいと思う方が居ると思います。正式な所は、国が開いている車検場になります。しかし、国が主導で車検を行うなら、国に対して費用も高いです。その為、国の国土交通省から民間車検場として、指定されている業者でも車検を行う事が出来るように、いろんな民間の検査工場を開かさせております。
では、車検を依頼することができる場所はどんな種類がありますか?一緒に見てみましょう!

ディーラー車検

TOYOTAやHONDA、NISSANといった自動車メーカーの車を買った店舗で車検を受けるのがディーラー車検です。自社車を販売するためのディーラー車検が非常に正規な車検です。普通、各自動車メーカーの看板を揚げている為、分かりやすく見えます。
自社車を販売している場所なので、店舗内に指定工場を備えており、整備に関する技術のレベルや入れ替え部品の純正性が非常に高いです。サービスがほかの場所よりしっかりしているので、一番安心して車検のことを依頼することができます。新車や中古車を買ったお客様の利用が非常に多いなので、リピーターの方がたくさん増えます。自動車メーカーが保有してるの店舗なので、代車も無料で貸し出しすることができます。
整備は一流であり、取り替えられるべきの部品は一流であり、そして技術は一流であり、従って車検費用は比較的に高くなります。そして車検日時もかかっており、安く速く車検を受けたい方には向いていません。



民間の整備工場車検

普通「○○整備工場」や「○○モータース」という看板を揚げている一人や少数人などの個人が営業している小規模な民間整備工場で車検を受けるということです。町の自動車整備工場や自動車分解工場とのことを指します。
民間整備工場の規模が様々なので、家族などのが運営している小規模な店舗や、スタッフが数多くの集団式な大規模な店舗もあります。このような店舗は、自動車の修理や洗車などの業務もやっています。その為、技術のレベルや交換部品の質、車検のスピードなどの方面が民間整備工場によって違います。無駄な経費がないため、車検費用がディーラー車検より安いです。

民間整備工場には「認定工場」と「指定工場」の2種類があります。認定工場は「自動車分解整備事業」という看板を揚げており、指定工場は「指定自動車整備事業」という看板を揚げています。指定工場の場合は認証工場の作業もやるので両方の看板を合わせて揚げています。
認証工場は地方運輸局長から、自動車の分解整備の「認証」を受けて、車の点検・整備などの作業を行います。しかし、その工場で車検を行いことができません。点検・整備が終わったら、自店舗で検査はできないので、車を運輸支局、自動車検査登録事務所等に運んで車検を行います。
指定工場は設備、技術、管理組織等について一定の基準に適合している検査ラインなどの設備を持っているので、車の点検・整備などの作業を含め、車検を行うことができます。

認証工場と指定工場の違いはただ、工場側の車検方法が違うだけで、お客様とは関係がありません。その為、認証工場であれ、指定工場であれ、車を預かって車検を依頼することができます。
民間整備工場には、幅広い車種の対応ができます。そして車検費用や車検の便利さも特徴です。



格安の車検専門フランチャイズ車検

「セブンイレブン」や「マクドナルド」などのような個人店舗オーナーとのフランチャイズ方式の契約のもとに運営されている車検専門店です。車検専門チェーン店とも言います。よくテレビやラジオの上で広告の形で現れます。例えば、「ホリデー車検」や「車検のコバック」なども有名な店舗です。

車検専門フランチャイズ車検は車検を専門で取り扱っているため、設備や技術、サービスも充実しており、均一なサービスや料金が明確することができます。チェーン店なので、車検基本料金の安く設定しており、専門知識があるスタッフが複数持って、時々の割引キャンペーンなども実施することが可能となり、ディーラー車検や民間の整備工場などにはないサービスを提供しております。
しかし、車検専門フランチャイズ車検では車検を通すために必要な項目以外の点検整備が行いません。そして、代車などは場合によって有料(無料代車が基本多い)になったり、車の持ち込みや持ち帰りもお客様がやります。



カー用品店車検

「ジェームス」「オートバックス」「イエローハット」などのように、車のアクセサリーやオイル、タイヤ等の車に関する商品を取り扱っている大手のカー用品店舗で車検を受けることを指します。
カー用品店舗なので、車検を受ける時、オイルやパーツ等の交換がディーラー車検と同じように、随時選べることができます。いろんな車に関する部品の専門知識を持っているスタッフが揃っている為、相談することも出来ます。そして、幅広い車種の対応もでき、価格設定が明確になって、全国各地で均一の品質とサービスが受けられることができます。スーパーへ買い物に行く感じで、休憩スペースも充実しています。このような車検場所は土日営業がほとんどなので、カップルや家族なら、遊びに行きながら、楽に車検を受けます。

車検を専門にする店ではない為、整備の品質や技術のレベルはそんなに高くありません。品質や技術へのリクエストが高いお客様なら、ディーラーなどの所へ移動するのがお勧めです。因みに、車用品を販売している所の為、代車の用意がほとんど無いというのが普通です。



ガソリンスタンド車検

近年はガソリンスタンドで車検出来るようになりました。しかも、「ENEOS」「エッソ」「モービル」「ゼネラル」などのいろんな車検できるガソリンスタンドが急速に増えてきました。ガソリンスタンドが町のどこにも存在している、24時間で全年無休の営業方式なので、便利さや自由さが非常に高いではないでしょうか?車検期間切れ前に、車検できる書類を整いって、近所のガソリンスタンドに給油に行くついでに車検を受けるのが極楽です。
明確な費用とサービス内容でわかりやすい、スタッフの知識や技術が一応スタンダードで優しくて気軽に相談しやすいため、普段の車検より特徴も著しいです。車検をしながら、洗車などのキャンペーンサービスも楽しめます。
ただし、ガソリンスタンドは給油所なので、主な業務は給油を取り扱っています。ですので、専門知識を持っているスタッフや設備の優良等への要求することが少し困難なんです。もし、しっかりと車検を受けたいなら、ディーラー、車検専門チェーン店で車検してください。



ユーザー車検

その名前の通り、車所有者が自分で車検の事を取り扱います。車の事前点検・整備や車検に必要書類の準備、車を陸運事務所に持ち込み、検査後の車の持ち帰りなどのすべてのステップはドライバー自身で対応します。
メリットとしては、車異常なしに車検無事に通したら、『重量税』『自賠責保険』『印紙代』だけの最低限の車検費用支払えば、車検することを済ませる事ができます。これが他の方法と比べ一番安いです。

「急に用事があるから、別の日に行くか」「今日は気持ちが良くない、ほかの日に変わるか」等の自分のペースに応じて車検する事も可能です。事前に予約すれば、陸運事務所でユーザー車検を受けることができます。
しかし、このような車検方法を選びましたら、車所有者がクルマの知識をちゃんと持つ必要があります。自分でできない場合は、点検整備業務のみを取り扱っている業者に依頼する必要があります。車に詳しくないなら、点検と整備の不備で不合格になれば何度も車検場に車を持ち込まなければいけない状況になりやすいです。しかも陸運事務所は国家機構なので、土日ほぼ休みです。

初めての車検や時間が無い方なら、違う方法での車検をお勧めします。



車検代行

車検代行はユーザー車検代行とも言います。一般的には、ユーザーが自分で車検書類を揃って、点検整備を実行し、車を整備工場に持って行きます。車検を実施することを車検代行業者に依頼します。つまり、車検代行業者の作業は整備工場にいる車を車検させるだけです。
基本できには車を車検場に持ち込み前の作業を行わないので、格安で車検が受けられます。そして、自分で車検を受けに行く必要がないので、ユーザーの時間を節約することができます。最近、代車を無料で貸してくれるところも増えてきましたので、便利になりました。

しかし、点検・整備などの知識が必要になったり、自分が車の持ち込みや持ち帰ったりすることが少し面倒な感じです。



まとめ

車検を受ける場所や種類が様々です。どんな種類がいいか、どんな場所が便利かはやはりお客様の状況によって違います。個人的には、車検は2年一回なので、なるべく正規なところで受けた方が安全だと思われます。人の命が一番大事なので、費用が高くても、正規なディーラーで車検を受けたら、他人にとっても幸せです。
人によって気になることが違いますから、いろんな車検方法を比較して受けるのも最善です。



記事がありません



Copyright© CAR LIFE , 2019 All Rights Reserved.